海苔の焼き方

0
    海苔は焼くことによって香りが初めて出ます。また、多少湿気た場合でも、海苔をさっとあぶると復活します。
    食べる前には焼いていただき、おいしい状態でお召し上がりください。
    香り、食感、味は焼き立てが一番です!

    今回はご家庭のガスコンロで簡単に出来る失敗しない方法をご紹介します。

    まず、ガスコンロなんですが、直火で焼くことはおすすめできません。ガスコンロの炎からは、水蒸気と二酸化炭素が発生するので、海苔が水分を吸収してしまいます。また、ガスの臭いが海苔に付着する恐れもあります。そこで、フライパンを使います。

    「焼き海苔」と「乾し海苔」で、少し焼き方が違います。
    まずは「焼き海苔」から!

    フライパンを強火で温めて、あぶる直前に中火におとしてください。
    あとは、焼き海苔の四方を持ち換えて、まんべんなく、裏表を約20秒ほど、海苔がピンと立つくらいになれば出来上がりです。







    <焼く前>へなへな。湿気てしまってます。



    <焼いた後>ぴーん!ぱりぱりで色もみどりに。


    続いて「乾し海苔」です。乾し海苔というのは、焼き海苔の前の段階、焼き加工を入れていない海苔です。焼き海苔と比べると水分量が多い(約10%)ので、同じ焼き方ですと、焦げやすく、時間もかかります。

    そこで、フライパンの上にアルミ箔を敷いてその上に海苔のつるつるした面(表)を下に置いてください。

    熱で海苔が浮いてきたところをさいばしで軽く押さえ5秒ほど焼いたら出来上がりです。





    抜群の香り、うまみ!毎年、海苔好きのお客様にご好評いただいている、青のり混合の乾し海苔、愛知県産「錦海苔」。









     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM